2006年12月31日日曜日

鍵は、safemanを使用している。

以前にタイヤを買った時に一緒に注文して、以来ずっと使っている。
カラーはフェンダーの色に合わせて、オレンジにしてみた。
利点は鍵を外した時に、コンパクトになってポケットなどに入れられる事。
欠点は使用後にワイヤーを巻き取るのが結構面倒な事。
掃除機のコードみたいに自動で巻き取ってくれたら、すごく楽なのだが。

ベアリング破損

12/28日、通勤途中に後輪がグニャッとなる感覚があって、走行不能になってしまった。
仕事納めの日に、なんてツイて無い…
最初は、またスポークが折れたのかと思ったが、それは問題無くて車輪自体がグラグラしていた。
また店に持って行って修理かなと思っていたのだが、
本日バラしてみると、ベアリングが破損していたのがわかった。

左が破損したベアリング、右が正常なベアリング。
ボールは壊れたときに散らばったようだ。

前輪から正常なベアリングを外して後輪に付け替えてみると、なんとかちゃんと動いているみたい。
(実際に走行できないので本当に大丈夫かどうかはわからないが)
ベアリングが手に入ったら直るなと思い、近所のホームセンターに電話してみたが、同じ物は無いとの事。
どういう店で売っているか他に知らないので、ネットで探してみる事にした。
NBN製で6901ZZという型番だったので6901ZZで検索すると、
http://store.yahoo.co.jp/monotaro/330933.html
売っているショップを発見。NBNじゃなくてNTNの物だが、寸法は同じなので大丈夫だろう。
また壊れた時の為に、とりあえず3個注文した。
正月休みですぐに送って貰えないため、しばらく直せないのが辛い所だが、店へ持って行く手間が省けたのは嬉しい。
ベアリングが届き次第、追って記事にする予定。

2006年11月5日日曜日

STRIDA5.0

STRIDA MODEL5.0
日本の代理店のサイトに、紹介ページが出来ていた。
http://www.ssangyong.co.jp/bike/strida/strida50/
値段は85000円。
カラーはホワイト、ブラック、レッド、ピンク、ポリッシュの5色のようだ。
画像を見る限り、マッドフラップも標準で付いてくるのかな?
サドルはやわらかそうな感じのに変更されていて、これなら交換の必要も無いかもしれない。
発売されてしまうと、3.3は売れなくなるんじゃ無いかな。

2006年11月1日水曜日

STRIDA5.0 カラーバリエーション

台湾ミングサイクルのサイトで、
"2006 COLOGNE SHOW MODEL"
としてカラーバリエーションの画像がアップロードされていた。





これに前出のホワイトを加えて、全6色くらいで展開するのだろうか。
ちなみに、ペダルは折りたたみ出来る物が付いてくるようである。

2006年10月30日月曜日

エアゲージ

Planet Bike AirMate Digital Tire Gauge

商品紹介
http://www.planetbike.com/pop/1030.html
取扱説明書
http://www.planetbike.com/pdf/1030manual.pdf

7月頃に川端通りにあるアイバサイクルで購入。
金額は忘れたが2500円くらいだったような。

Panaracer DualHead Digital Gaugeと同じ物だろう。

元々はPanaracerの方を買うつもりだったのだが、
店員さん曰く、Panaのはリコールで回収されたそう(購入当時の話)で、これを勧められた。
マニュアルが英語だが、使い方は単純なので全然問題ない。
他のエアゲージと比較はしていないが、圧調整のボタンが付いているのと、PSI、BAR、kg/cm2、kPaと表示の切り替えが出来るのが便利だと思う。

2006年10月29日日曜日

隣のSTRIDA

他の方のSTRIDAを画像でご紹介。

ぷよさんのSTRIDA。

スマイリーフェイスのバルブキャップ。

メーカー不明の折りたたみペダル。
滑り止めのため、表面にゴムが貼ってある。
形や折りたたみの仕方はブリヂストンの物と同等なので、これも同メーカー製かも。

VELO PLUSHのサドル。

太陽の塔のマスコット。

ボトルケージ。
これはボトルの大きさにより、サイズが丁度合うように可変できるタイプ。



私ださんのSTRIDA。

sportourer FLX Man Gel Flowサドル。
柔らかすぎて、これなら純正サドルの方が自分には合う、とおっしゃっていた。

MKSのPROMENADE-Ezyペダル。
ワンタッチで取り外し可能。

ボトルケージ。
これは500mlのペットボトルサイズ。

サイクルコンピュータは付け忘れて来たとの事で、写真は撮れず。

同じ自転車でも乗り手の個性が出る物だなと思う。
ぷよさん、私ださん、ありがとうございます。

2006年10月14日土曜日

STRIDA5.0

某大手SNSのSTRIDAコミュで、気になるトピックがあったのでご紹介。
台湾でSTRIDA5.0が販売されているようだ。
下記サイトに、3.2VS5.0として違いが紹介されている。
http://blog.naver.com/tourtist/90009255175

ぱっと見ての違いは、前後ディスクブレーキ化と、
フロントプーリー部の樹脂パーツが金属となってフレームと一体化されているといったところか。
剛性も上がって、ミシミシ音は随分とマシになるのでは無いだろうか。
価格は上がるらしいが、これはすごく良いと思う。
日本でも早く販売していただきたい。

11/5追記
12月に入ってくるとの情報あり。

2007/1/1追記
日本での販売時期は、どうも2月くらいになるようだ。

2006年10月3日火曜日

2007年モデル

STRIDAに2007年モデルが出たようだ。
これでバージョンは3.3となった。
全10色となり、とてもカラフルになったが、
相変わらず樹脂部分はグレーのままである。
どうせなら同色にしてしまえば良いのに、と思う。
せめて別売りカラーフェンダーの充実を望みたい所だ。

2006年9月10日日曜日

ベルト鳴き

STRIDAで良くあるトラブルが、ベルトの鳴き。
キィキィとうるさいのだ。
これは、簡単に直すことができる。
使用するのは、KUREのシリコンスプレー

もちろんKUREので無くても問題はない。
これをベルトに吹き付けるだけ。

プーリーに接触する面に吹き付ける。
ついでにプーリー自体にも吹き付けておくと良い。
ベルト鳴きの音に悩まされるのは、これにて終了である。

バーエンド

スポークの修理の際、ついでにバーエンドも取り付けて貰った。
ルイガノのショートバーエンドだ。

購入価格は1575円。
スポークの修理ついでだからか、工賃はサービスして頂けたようだ。
これは、取り付けて大正解。
ポジションが凄く楽になる。
STRIDAに限らず、フラットバーハンドルの自転車全てにオススメだと思った。
LOUIS GARNEAUの文字が邪魔だが、
STRIDAに合うカラーがある(※残念ながら白は無いが)ので良いと思う。
私がこれを選んだ理由は、カラーがシルバーだったのと、価格が他のに比べて安かったからなので、他のメーカーの物でも全然構わない。

取り付けた事による問題点としては、
・ブレーキレバーが内側に寄る事により、ライトやサイクルコンピュータ等の取り付けスペースが狭くなる
・また、ブレーキワイヤーも内側に寄ってしまうので、ハンドル折り畳み時に使用するレバーの開閉がしにくくなる

・ブレーキをロックするための紐の長さが足りなくなるため、ロックできなくなる(これは紐を長くすればOKだ)

2006年9月3日日曜日

スポーク

しまなみ海道走行中にスポークが折れたので、帰宅後に修理した。
以前も一度折れていて、その時はサイクルビレッジさんに問い合わせた所
スポークの在庫があり、すぐに修理できると言うことでお願いした。
今回もまたサイクルビレッジさんにお願いしようかと思ったのだが、
生憎お盆休みだったのでローロさんに問い合わせをした。
ローロさんいわく、STRIDAのスポークが折れた場合、その部分を直しても延命処置にしかならず、また同じ所が折れる可能性がある。
よってスポークを組み直す事で折れにくくするのが、当店のウリという事だった。
お値段は5670円。これを安いと見るか高いと見るかだが、
スポークが折れる度にわざわざ大阪まで出かけるのも大変なので組み直しをお願いした。
(因みにスポークの交換工賃はどの店でも一本当たり500~600円。そう考えると、全て張り替えて5670円は安いのでは)
どの様に変わったのかは画像の通り。

組み直し前
(他の方のSTRIDAを撮影させてもらった)

組み直し後

2006年8月16日水曜日

しまなみ海道補足

・スポーク折れについては、以前も折れたことがあったのですぐ気付くことができた。
前回折れたときに修理してもらったが、完全に振れが取れていなかったのが良くなかったのかも。

・ボトルゲージは用意していなかったが、500mlペットボトルはゴムひもを使い荷台に固定できる。

・僕の走った範囲では坂道で歯飛びすることは殆ど無かった。
STRIDA3.2の場合なので、ベルト部のガイドローラー無しの物に関してはわからない。
但し、しまなみ海道を外れた場合はその限りではなく、 土生港から帰宅する際など長い坂道は押して歩いたりもした。

・日焼け止めを塗っていなかったのは大失敗。思いっきり日焼けしてしまった。

2006年8月15日火曜日

しまなみ海道

因島へ帰省した際に、しまなみ海道を走ってみた。
12時に因島中庄町からスタート。
夜6時くらいには因島に帰らないと駄目なので、
行けるところまで行くという行き当たりばったりな考えで出発。

トンネルを抜け山を下りると、生口橋が見えた。

暑いけど、初めて走る道にわくわくする。
橋へ行く前は上り坂になっていたが、そんなにきつい坂でもなく
登坂に弱いとされるSTRIDAでも十分登ることができた。

橋を渡り、生口島へ。

生口島では、海岸沿いの道だけではなく山を越えるような道も走った。

次に渡る橋、多々羅大橋が見えてくる。
この橋には面白い仕掛けが用意されていた。

それがこれ。
この場所で、手を叩いたり添え付けの拍子木で音を鳴らすと、
音が反射により長く残り龍が鳴いた様に聞こえると言うのだが、
僕には橋の主塔の間をまるで龍が登っていくように感じた。
そう思った方がなんだか格好良いではないか(笑)

橋の下を見下ろすと、エメラルドグリーンの綺麗な海が。

橋を渡り終え、大三島へ到着。
多々羅しまなみ公園があったので、ちょっと一服する事に。
ここでちょっとしたおみやげを買った。

この後、伯方島から大島へと渡り、
時間的に今治まで行って帰ってこれるかなと思いながらペダルを漕いでいると
何も踏みつけていないのに"パキ"と音が鳴った。
イヤな予感がしたのでスポークをチェックしたところ、
何と一本折れてしまっていた。
この時点で今治まで行くのを断念。
大島の友浦港から、因島の土生港まで高速船で帰ることにした。
大島のしまなみ海道を外れ、友浦港まで行く途中に村上水軍博物館があったが、
寄り道はせずにそのまま港へ。

やはり疲れていたのか、高速船の中では思いっきり寝てしまった。
船員さんに起こされ土生港で下り、5時に帰宅となった。

走行距離48km

2006年7月26日水曜日

ミシミシ音

STRIDAは結構トラブルのある自転車だと思う。
クランクからパキッと音が鳴ったり、ベルトが鳴ったり。

ここ最近、乗っているとミシミシ、キシキシときしみ音がしていた。
どこから音が鳴っているのか解らなかったのと、そんなに気にしてなかったので放ったらかしにしていたのだが、ボールジョイントの部分から音が鳴っているのが判明したので、KUREシリコングリースメイトをたっぷりと吹き付けてやった。

その後きしみ音はなくなり、買った当初のように静かになった。

スタンド

駐輪時に困るのでスタンドを取り付けている。

Funny Bikesさんで購入した。
セレクトイットさんの実店舗、サイクルビレッジさんで取り扱っている、ストッパー無しと有りの物を足して2で割った様な物。
形はストッパー無しの物と同じで、取り付け用の穴の部分だけストッパー有りの物の様にスライドさせて取り付けるタイプになっている(取り付けの際にネジを最後まで外す必要が無い)。

スタンドと一緒に店長さんの手書きの取り付けマニュアルが付いてきたのだが、
これが親切でとても感じが良かった。

タイヤ

PRIMO COMET
http://www.primo-usa.com/
(Productに、このタイヤは載っていない)

純正のタイヤとチューブはあんまり質が宜しくない、と掲示板に書かれていたり、
高圧タイヤにしてみたいという思いもあり、交換してみた。 チューブは、シュワルベのフレンチバルブの物。

タイヤは、プリモ コメット 16x1.35。
空気圧指定は、85psi。6kg弱入ることになる。
純正は4kgくらいだったはず。

セレクトイットで購入した。
STRIDAは、もともと米式のチューブが付いているので、
仏式のチューブに変える際に、NTスペーサーも必要になってくる。
http://www.noguchi-shokai.co.jp/products/adapter/adapter.html

STRIDAのブログなどを見ていると、シュワルベ マラソンというタイヤに変えている方が多いので
どちらにしようか迷ったが、値段とトレッドパターンに惹かれ、こっちにした。
タイヤ幅が細くなって、格好良くなったと思う。
ヤスリ目のパターンも気に入っている。

タイヤ径が変わったので、サイクルコンピュータの精度がまた変わったはず。
そのうち、タイヤ周長を入力できる物に変更したい。

フェンダー

某掲示板で、オレンジのフェンダーを譲ってもらった。
とてもラッキーな出来事。

元々付いていたフェンダーとの違いは、若干大きさが違うのと、
マッドフラップを固定するポッチの有無。
オレンジフェンダーにはポッチが無い。
しかし、取り付けには問題無く、ポッチが無いからといって外れてくる事は無い。
問題なのはマッドフラップとのカラーが合わない事。

現在は黒のフェンダーに戻しているが、簡単に脱着できるので、その日の気分によって付け替えたりしている。

マッドフラップ

雨の日に乗ると水跳ねで尻や背中が汚れてしまう為、
くわはら自転車で購入。
STRIDAのフェンダーは、そのままではあまり役に立たないのであった。

効果は劇的。水跳ねで汚れることは無くなり、雨の日も安心して乗れるようになった。

サイクロコンピュータ

キャットアイ CC-VL110(ベロ5)
http://www.cateye.co.jp/cchtml/vl110.html

神戸ポタリング日記さんに影響され、オークションで購入。

取り付けだが、ブレーキワイヤーと共にチューブの中を通す方法と
外側にタイラップを使い取り付けて行く方法の2通りある。

チューブの中を通すには分解が必要だったので、外にケーブルを這わす方法にした。
付属しているブラケットのケーブルの長さは70cmと短く、
長さが足りないので、これを別に購入し取り付けた。

リアホイール用(ロングコード仕様)
#169-9305
http://www.cateye.co.jp/cchtml/model_i.html

このモデルは、タイヤ周長を入力するのでは無く、タイヤサイズを設定する仕様になっている。
なので、正確には測れないと思う。
大体の目安になれば良いので、そんなに気にはならないが。

ライト

キャットアイ HL-EL120
http://www.cateye.co.jp/hlhtml/el120.html
夜間走行時に必要なので、近所の自転車屋で購入。
オークションで買った方が安く買えた。

一灯なので光源としては頼りないが、相手からの視認性は結構良いのでは無いかと思う。
街頭の無いような暗い夜道を走ることは全くないので、これで充分。
320時間と、電池の持ちが長いのも気に入った。ほとんど、持ちの良い点滅で使用している。

ペダル

MKS FD-6
http://www.mkspedal.com/004-11-1.htm

純正ペダルが小さいのと折りたたみできないので交換。

ブリヂストンの折りたたみペダルも使ってみたが、やはりこちらの方が作りが良い。
ペダル軸の回転がとてもスムーズ。
欠点としては、雨の日などに滑る場合がある。
また、どちらかと言えばブリヂストンの方がたたみ易い。

Yahoo!オークションで購入。

サドル

BG COMFORT PLUS CLASSIC
http://www.daiwaseiko.co.jp/mtb/products06/goods/sad/index04c.html

BG COMFORT CLASSICが評判が良さげだったので、
オークションで探してみると、PLUSの方が安く出品されていたのでこっちを購入した。
BG COMFORT CLASSICとの違いは、サドル幅。重量も少しは増えているはず。

先端の下側のプラスチックパーツを取り外さないと、ちゃんと取り付けられなかった。

座り心地は問題なし。純正サドルに比べてかなり良い。
他のサドルも試してみたいが、当面変える予定は無し。
純正を使い続けるのは辛いと思うので、購入時に取り替える方が良いと思う。

STRIDA

3月にSTRIDAという、ちょっと風変わりな自転車を買った。
http://www.strida.com/

買った店は、くわはら自転車
Yahoo!オークションで、輪行バッグ、鍵、ボトルのオマケを付けて販売しているのはこの店である。

現時点では楽天のジテンシャデポが、かなりお得。
楽天のポイント2倍、3倍デーなどを利用するとさらに良い。

購入後4ヶ月経ち、(軽くではあるが)ちょくちょくカスタマイズをしているので紹介してみる。

現在、こんな感じ。